南相馬・避難勧奨地域の会 住民証言集 〜土・水・空気の汚染と内部被ばくを住民自らが検証〜

原発事故後、福島県にだけ押しつけられた倏間被ばく20ミリシーベルト基準瓠
これは一般の人の年間被ばく量の、20倍にもおよびます。

この20ミリ基準瓩療渦鵑魑瓩瓩篤っているのが「南相馬・避難20ミリシーベルト基準撤回訴訟」原告団のみなさんです。

この証言集は、原告の方、および同地域に住む住民にお話をうかがいまとめました。

また証言に加え、住民とともに地域の汚染を調査してきた「ふくいち周辺環境放射線モニタリングプロジェクト」や、「ちくりん舎」にも寄稿いただき、地域の汚染や住民の内部被ばくの実態を明らかにしています。

(167ページ)
販売価格 1,800円(内税)

カテゴリーから探す

コンテンツ